×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

商品検索

店休日カレンダー

HOME»  お宮参り着物ができるまで ~京友禅 型染め

お宮参り着物ができるまで ~京友禅 型染め

 初着に用いられる【京友禅】には大きく分けて「手描き」と「型染め」があります。
比較的イメージしやすい「手描き」に対し「型染め」とはどんなものなのでしょうか。
先日の京都での仕入れの際、その工房にちょっとお邪魔しました。
手描きに比べその影がやや薄い感のある(笑)型染めの素晴らしさをご紹介できたらと思います。

京友禅型染め ~お宮参り着物ができるまで
京友禅型染め ~お宮参り着物ができるまで

こちらが染料、職人さんの感覚がブレンドする色、割合を選び出し指定された色を作り出します。

京友禅型染め ~お宮参り着物ができるまで
京友禅型染め ~お宮参り着物ができるまで

染めに使う刷毛もご覧のとおり、たくさんのその数が使われる色の多さを物語ります。(鹿の純毛など)
大きさも数種類あり柄の大きさによって使い分けます。

京友禅型染め ~お宮参り着物ができるまで
京友禅型染め ~お宮参り着物ができるまで

スタートは長~い一反の白生地、ここに下絵が描かれています。そして柄に合せて作られた型紙が用意されます。
この型紙は同じ色を使う部位ごとに彫られていますので、複雑なデザインで色数の多い着物ほどたくさんの型紙が必要です。

京友禅型染め ~お宮参り着物ができるまで
京友禅型染め ~お宮参り着物ができるまで

下絵に合わせて型紙を乗せます。寸分の狂いも無く手早く型紙を置いていくようにびっくりしました。
穴が開いている部分に刷毛で色を刷り込んでいきます。
時には円を描き撫でるように職人さんの手がスピーディーに動きます。
驚いたのはその速い動きの中で「強弱」がつけられていたこと。
型の中のその色はベタッと塗りつぶされるだけでなく、濃淡つまりボカシが彩られていたのです。
花びらなど徐々に濃くなっていく色合いの表現にその技術が物を言います。
また、仕立てた時に柄が繋がっていく部分(袖と胴、脇など)は全く同じ色でなければ違和感が出ます。
高い技術と経験が美しい柄のつながりを表現していたのです。

京友禅型染め ~お宮参り着物ができるまで
京友禅型染め ~お宮参り着物ができるまで

型紙を次々と変えながら作業は進みます。
初着のデザインにより手差しやエアーブラシで色をさす箇所もあります。
型紙は和紙に柿渋を塗ってつくるタイプや樹脂製のものがあります。

京友禅型染め ~お宮参り着物ができるまで
京友禅型染め ~お宮参り着物ができるまで

こちらは男の子用、金彩加工を施す所には糊の役目を果たすものを塗ります。(画像オレンジ色の部分)
ここに金箔や金粉などを使用します。

京友禅型染め ~お宮参り着物ができるまで
 

すべての柄に色を挿し終わるといよいよ地色です。
染料同士はお互いを弾く成分があるため、白い部分に地色を入れることができます。
地色にボカシを入れる作業も職人さんの手作業です。

※初着によっては地色を先に染める工程もあります。
二度三度と染めを繰り返し深みのある美しい色が生まれます。

100%手作業の手描きに対し、型を使うことで楽な作業を連想しがちな型染めですが、
その大部分はやはり手作業でなかなか骨の折れる仕事であることはお分かりいただけたと思います。
またここでは省かれておりますが事前に作る型もコストと手間のかかる仕事です。
柄の立体感などはやはり手描きには及ばないところですが、その手法上柔らかく淡い色の作品が多い手描きに対し、
はっきりと美しい色彩が表現できるのも型染めの特徴です。