×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

商品検索

店休日カレンダー

HOME»  お宮参り着物 Q&A»  Q&A 保管

 【ご質問】 着物の保管の仕方がわかりません


 

 使用後はハンガー等に吊るし塵やホコリを払って部屋で陰干しをしてください。できれば風通しの良い部屋で湿気、熱気を十分に抜いて下さい。陰干しが終わったら同梱の衣装紙に包んで和ダンス等へ収納してください。お届け時にお入れしている化粧箱は場所によっては箱の材質自体に湿気を含むことがありますので保管には不向きです。まずは湿気をコントロールすることが第一、ほとんどのトラブルは防げます。熱気や湿気がこもるビニールやナイロンに包むのはもちろんNGです。

 防虫剤等のご質問も多くお寄せいただきますがお奨めは無臭タイプの乾燥剤。湿気の少ない環境が絹にとっては一番大切です。現在の住宅事情、環境では虫除けにさほど留意なさる必要はないと思いますが、古いウールものと一緒に収納するのは避けてください。虫はウールを好みます。また複数の異なる薬剤の使用も控えてください。成分によっては思わぬ化学反応をおこし、ダメージを与える場合があります。初着に金銀の糸、箔が使われていたら特に注意してください。硫黄分を含んでいると金銀が変色(黒ずみなど)することがあります。薬剤だけでなくゴム製品などと一緒にならないようチェックしてください。     

 できれば年に数回陰干しを行いましょう。(春や秋がBEST) 晴天が何日か続いた湿度の低い日を選び、忙しい時は引き出しを開け中の空気を入れ替えてあげるだけでも効果が期待できます。湿気は下に溜まります。大切なものはできるだけ上の引き出しに、また同じものがずっと一番下で保管されないように引き出し内のローテーションも効果的です。

 わからないこと、ご不明な点は何なりとお申し付けくださいませ。正しく保管して七五三でも有効に利用しましょう。